動物園ではスタンプラリーのような公園内の地図が配られ、それにそって順繰りに見ることになりました

ばら組さん
ふじ組さん
2019
おとまり保育

動物ふりあいコーナーでは、ハムスターやうさぎなどがおり、恐る恐るみんなが触ったりかかえたりしていました。

子どもたちには多少の不安はあったようですが、みんな一緒ということもあり、
1人の落伍者もなく、今年も無事におとまり保育がおわりました。
子どもたちにとって園生活の大きな思い出となることでしょう。
そしてこのことで子どもたちもひとまわり大きくなった気がします。

我々にとっては毎年の行事ですが、
毎年子どもたちから新鮮な驚きや楽しさをいただけます。
この喜びが我々の原動力です。

元気をくれる子どもたちに感謝!!

食事がすんだら併設のアスレチックでひと遊びしました。大きなやぐらや洞穴のようなトンネルもあり、子どもたちは大興奮。

行きのバスは元気いっぱいです

6月21日・22日で一泊二日のおとまり保育をしました。

今年度は22名の年長児が参加しました。
親元を離れ保育園に泊まるという初めての経験に、我々も緊張しますが子どもたちもそこそこの緊張です。

今年は宇部市にある常盤公園の中にあるときわ動物園に行きました。。
過去しばらく雨続きの行事でしたが、今回は曇りながら雨は降らず楽しみました。動物園の中にはふれあいコーナーもあったりで子どもたちはしっかり遊べました
園に帰ってからは楽しい夕食や催し物、花火などして楽しんだ後、みんなしっかりと園にお泊りをしました。

就寝です。
パシャマに着替えて・・・、昼間の緊張もありどの子もぐっすりでした。

給食課が腕と頭を使った力作の夕食が出されました。とにかく凝りに凝ったという感じのメニューでした。

帰りのバスは行きとは大違いでほとんどの子が寝てしまいました。運転手さんが帰りは静かだねーと笑っていました。

行事 TOP へ戻る

お風呂の時間です。みんなワイワイガヤガヤ。並んで背中を洗ったりと、家ではしない経験でした。

楽しみなお弁当の時間になりました。どの子もお母さんの力作弁当で、残さずいっぱい食べました。

先生が数個の双眼鏡を持ってきてくれたので、みんなで遠くのサルの表情まで見ることが出来ました。ときは動物園には多くの種類のサルがいて、子どもたちは毛が多いの、手が長いの等々言いながら次々にオリを回りました。

朝起きて布団をたたんで、歯磨きをしたらおいしい朝食の時間です。
給食課も朝早くから来て準備も大変です。

食事の後は先生によるお楽しみ会が催されました。今年は先生の創作劇でした。。
催しの後は待ちに待った花火の時間です。園北の公会堂駐車場でみんなで花火をしました。

園に帰ってまずすることは、お昼に食べたお弁当の容器をあらうことです。おいしいお弁当を作ってくれたお母さんへのお礼としてきれいにお弁当箱を洗いました。