<催しもの>

2016
どれが人形でどれが見ている人かわからなくなるような雰囲気が我が園の作品展の売りです。お部屋360°が作品展示で観覧者は物語の中に溶け込む形で我が子の作品を見ます。
人形一つ一つに動きと表情があり、遠くから見ると本物の子ども達が遊んでいるように見えます。
作品群の中に見ている人が紛れ込んだような錯覚のする作品展示で、初めて見る人はびっくりされます。
毎年今年は何かな?と期待されて来られる保護者の方もおられます。この作品展では、3・4・5歳の作品が混ざって展示されますので、子ども達が道案内役で自分の作品を教えてくれます。

喫茶コーナーやバザー会場だけでなく、全ての催し物の場所にて年長児のお手伝いがありました。

3歳・4歳・5歳 合同作品
保育まつり
我園の作品展は、一つのテーマを様様な作品で創り上げます。
よって子どもの作品一つ一つがそのテーマにとって大切な役割を持っていますし、自己主張もします。
特に3・4・5歳児の作品展での見学者は、その場面の重要な参加者なのです。
12月4日に「保育まつり」を開催しました。
今年は雨模様で温度も低かったのですが、楽しい会が開催できました。

2歳児つくし組は「つくし組の1年間」と題し、1年間の思い出を表現しました。こいのぼりやプール、運動会、遠足、クリスマスが子ども達の作品で紹介されました。

0歳児は「すみれ組のおんがくかい」と題し、一人一人の自己紹介や、すみれ組の1日が子ども達の写真を中心に展示されました。

5歳 ふじ・ばら組


「うたえバンバン」
合奏
「かっこうワルツ」

4歳 ひまわり組


「手のひらを太陽に」
合奏
「こぎつね」

3歳 うさぎ・りす組


「虹のむこうに」
合奏
「おへそ」

2歳児 つくし組 G2


「バスごっこ」
楽器あそび
「ふしぎなポケット」
でした。

くじもゲームも大賑わいでした。
会長賞も園長賞も出るのが遅くて、主催者としてはイライラがつのりました。

給食課

「 みんなの 楽しい遊園地」
うさぎ組・りす組・ひまわり組・ふじ組
2歳児
<作品展>
<音楽発表会>

役員の皆様ご苦労様でした。そして有難うございました。楽しい会ができました。

1歳児
0歳児
2歳児 つくし組 G1


「犬のおまわりさん」
楽器あそび
「おつかいありさん」
でした。
1歳児 ゆり組 G1

身体表現
「ねこときどきライオン」
リズム遊び
「ぼくコッシー」
でした。
1歳児 ゆり組 G2

身体表現
「みてみてみてみんぱっ」
リズム遊び
「おしりフリフリ」
でした。
0歳児 すみれ組

リズム遊び
「手をたたきましょう」
「森のくまさん」
でした。

1歳児ゆり組は「ゆり組の森」と題し、子ども達の手作りの作品や、みんなで寄ってたかって作り上げた木やおうちや様々な個人作品で森を表現しました。中央のきのこのガラは子ども達の写真が貼ってありました。

行事 TOP へ戻る

給食課も1年間のスペシャルランチや食育の取り組みを掲示しました。

離乳食の時々のレシピや注意事項もかわいく表現しました。

今年は子ども達の大好きな遊園地をテーマにしました。
汽車やジェットコースター、コーヒーカップ、ぶらんこ、回転木馬等々楽しい乗り物で人形が楽しんでいます。出店やお土産屋も多数あり、みんなで作ったポップコーンやハンバーガー、アイスもあります。
子ども達の楽しんでいる声が今にも聞こえてきそうです。