うさぎ・りす組

春の遠足
2017

ひまわり組

毎年小運動会が終わると4・5歳児が「春の遠足」に出かけます。今年は5月23日でした。
今年は3歳児さんも別行動で鋳物師公園に遠足をしました。
当日は朝から晴れて鋳物師公園やモデル公園でしっかり遊びました。
春の遠足は3・4・5歳のみの行事ですが、
行けない年齢がいる分大きくなったという自覚を感じさせる行事でもあります。
行き返り徒歩ですが、自分たちだけの行事に、泣き言も言いません。
どこかで自分の年齢を感じさせる出来事を体験することで、
少しずつ3・4・5歳という自覚が育っていくように感じます。
全園児が行かない遠足に多少批判もありますが、
3歳未満のクラスで5月に遠足はちょっと無理という理由です。
大事な行事として残して行きたいと思っています。

ふ じ組

いよいよお母さんの力作のお弁当の時間です。
3歳さんは公会堂で昼食です。
どの子もお母さん力作のお弁当を誇らしげに見せてくれます。
お母さんご苦労さまでした。

子どもたちって本当に虫が好き。
だんご虫ひとつで大盛り上がりです。
行事TOPに戻る

帰りはさすがに疲れたのか、足取りは来る時よりはるかに重そうでした。
みんなお顔が真っ赤で帰ってきました。

モデル公園には園にない遊具もいっぱいあって大喜びです。一つの遊具に執着する子もいれば、あれもこれもとあっちへこっちへ走る子もいます。
とにかく暑い日でしたが子ども達は元気いっぱいです。

3歳児が行った鋳物師公園にある遊具は園にあるものと同じですが、場所が変わっただけでハイテンション。
唯一園にない広い運動場では縦横無尽に走り回ります。
ヨーイドンと言われたら、何となく走る気分になって運動場を走れるのは3歳児さんの独特な世界です。

行く時はとにかく元気です